会長挨拶

会長挨拶

第137回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会

第137回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会

会長 川原範夫

金沢医科大学 整形外科

(2021/08/05)
 第137回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会は2021年10月8日(金)~9日(土)にホテル日航金沢を中心とした現地開催またはWebを併用したハイブリッド開催を予定し、教室・同門会を挙げて鋭意準備をすすめてまいりました。しかしながら昨今、新たな変異株が中心の新型コロナウイルス感染症の第4波、または第5波の感染拡大がみられ、今後の予測が困難であることから、理事長および役員の先生方と慎重に協議いたしました結果、本学術集会は全面的なWeb開催とさせていただくことに決定しました。ライブ配信とオンデマンド配信を中心としたコンパクトでシンプルな、尚且つリアルタイムでのディスカッションを可能とした多くの先生方の参加型web学会を企画いたします。
10月8日、9日の学会当日はできる限り臨場感のある学会とするため、5つのライブ会場をご用意いたします。以前のあいさつで紹介いたしました、富田勝郎先生の基調講演、H. Malchau教授、種市 洋先生のレジストリーに関する特別講演、松本守雄先生、松山幸弘先生、稲葉 裕先生、石井義則先生の4人の高名な先生の特別企画「若い医師へのメッセージ」は会期中のライブで行います。双方向のリアルタイムのディスカッションは必須であると考え、6つのシンポジウム、5つの主題、一般口演といった多くの演題を会期中のライブ配信で行います。各セッション毎に質疑応答の機会を設けるため、活気ある学会になることが期待できるかと思います。そのほか13の教育研修講演、e-posterは10月8日、9日の会期中からオンデマンドで視聴できるようにしたく思っています。17の共催セミナーのうち13セミナーはライブ配信とすることにしました。またこの13の共催セミナー以外のすべての演題は10月末までオンデマンドで視聴できるようにする予定です。 金沢での現地開催を断念するのは誠に残念ではありますが、学会のWeb開催にはいくつかの利点があります。今までどうしても現地参加ができなかった先生方もwebであれば積極的に参加していただけますし、同時間帯の演題も後日聞くことができます。 多数の会員の皆様に御満足していただくために、本会開催までに充実した学会の企画準備、工夫をする所存でございますので、なにとぞ多くの先生方の御参加をお願いする次第でございます。

(2021/03/18)

 金沢医科大学整形外科学教室が第137回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会を来る2021年10月8日(金)~9日(土)に開催させていただくことになり、大変光栄に存じておりますとともに会員の皆様には深く感謝申し上げます。当教室としての本学会は1983年に第61回を山崎安朗教授が担当され、また2008年に第111回を前任の松本忠美教授が会長を務められて以来3度目で、13年ぶりの金沢医科大学の主催となります。第137回の本会は会員の利便性を考え、金沢駅周辺のホテル日航金沢、金沢市アートホールなどで開催させていただくことになりました。

 また今回の学会のテーマは「再生と発展」といたしました。「再生」とは文字通り医療の切り札となりうる再生医療の意味と昨年来のコロナ禍の抑圧からの再生の2つの意味を掛け合わせています。本学術集会がこれらの「再生」を踏まえ、新しい整形外科医療の発展をめざし、未来を切り開くきっかけになればと思っております。

 基調講演は金沢大学名誉教授で金沢先進医学センター理事長の富田勝郎先生にお願いしています。「めざそう!足腰丈夫でニコニコ100歳!...Impossible?!」というタイトルで元気いっぱいなお話をいただけるものと思っております。また特別講演として、有名なスウェーデンの人工関節レジストリーの生みの親であるヨーテボリ大学のHenrik Malchau教授に「レジストリーに関するグローバルな視点」からの御講演をいただき、さらに日本整形外科学会レジストリー(JOANR)の構築と運営にご尽力されている獨協医科大学教授の種市洋先生に「JOANRの現状について」引き続きお話いただきます。

 本学会では若い医師へのメッセージ -私の人生を振り返って- と題した特別企画を行います。松本守雄先生(慶應大学教授)、松山幸弘先生(浜松医科大学教授)、稲葉裕先生(横浜市立大学教授)、石井義則先生(石井クリニック院長)の4人の高名な先生方にお話をいただきます。なぜこれほどまでに頑張れるのか?どうすれば研究、仕事がここまでできるのか?どうすればここまで人心を掌握できるのか?困ったときにどのように逆転したのか?などわくわくするような率直なお話がいただけるものと思います。また13の教育研修講演、6つのシンポジウムを企画いたしました。

 昨年来の新型コロナウイルスの度重なる感染拡大があり、現在はまだ予断を許さない状態が続いています。このような状況下のため、第134回本学会は紙上発表となり、第135回、第136回はライブ配信とオンデマンド配信を中心としたWeb上での開催となりました。一方、本年3月から医療従事者を皮切りにワクチン接種が始まっています。できることなら錦秋の金沢にお越しいただき、学術的な交流を深めていただくために、現時点では感染予防に充分留意したうえで金沢駅周辺での現地開催を中心に考えています。それに加えて、新型コロナウイルスの感染状況を考慮しWebとのハイブリッド開催も視野に入れて準備しています。開催までの間、教室と同門会を挙げて入念な準備を行うことといたしますので、多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。